会社案内

代表挨拶

ヒト+ノウハウ=イノベーション

当社は常に、最先端の技術開発に挑戦し、さまざまな分野において、付加価値を生み出す製品提供・サービスによるソリューションの実現を行ってまいりました。
次世代のコア技術を追い求めると共に、新事業イノベーション推進を行い、明るい未来を技術の力で創造するべく進化を続けてまいります。
お客様に対する約束、これは当社がベンチャースピリットを忘れず、また強く持ち、国際競争力を持つグローバリゼーション企業として、国内外のお客様へ最高のソリューションを提供することにあると考えております。
「好奇心」と「創造力」を社員全員が持ち続け、また時の本質を理解しながらお客様とご一緒させて頂くことで「常に最高のソリューション」を具現化できればと考えております。

難題こそ、アイピー・プレシジョンに・・・そう感じて頂けるよう、これまで以上に邁進いたします。
今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 山下博己

社名・ロゴについて

アイピープレシジョン・eyep precision

アイピープレシジョン・eyep precision
これは当社の要素技術である画像・映像処理・光学技術から由来しております。
人間の目は、日々様々な情報を脳へ伝え処理しております。
それを高度な技術開発で、より人間の目に近い識別力、人間以上の観察力を追及することが当社の目標です。
EYE=人の目、PROCESSING=脳、PRECISION=より高精度に、精巧な
この気持ちを込めて社名としております。
ロゴマーク
人は地球と共存しているという事実から、ロゴは地球上を構成している自然をイメージしてデザインされました。
太陽、空、海、大地を表現しております。

企業理念

「時」の本質を理解する。

当社では、ご商談・お打ち合わせ・納入時の設置、調整工事など全ての業務において、お客様の貴重なお時間を頂戴していると考えております。
その頂戴した貴重なお時間「時」をより有益なものとなるよう、社員一同努力しております。
「時」の本質を社員一同理解し、リードタイム、レスポンスなど全力を挙げお客様へのサービス向上に常に努める。
これがアイピー・プレシジョンの企業理念です。

会社概要

商号 アイピー・プレシジョン株式会社
所在地 大阪府豊中市長興寺北3丁目2番16号
設立 平成9年9月
資本金 1,500万円
事業内容 自動化省力化機器・設計・開発・製造、ソフトウェア受託開発、光学機器輸出入販売、セキュリティーシステム販売
役員構成 代表取締役   山下 博己
取 締 役     渡邊 信次
取 締 役     森 義明(森国際特許事務所所長)
監 査 役     渡辺 愛子
グループ会社 オー・エム・シー株式会社社

アクセスマップ

大きな地図で見る

沿革

平成9年9月 オー・エム・シー株式会社の技術開発機関として、ジョー・オー・エム・シー株式会社を設立。
平成17年4月 画像関連事業・自動化省力化機器事業を拡大するために、資本金を1,500万円に増資し現社名であるアイピー・プレシジョン株式会社となる。
平成18年4月 米国Navitar.Inc.社と提携を開始、日本国内における輸入代理店となる。
平成18年4月 電子部品溶接装置用画像処理システム販売開始。
平成18年6月 医療用映像信号方式オートフォーカスシステム販売開始。
平成19年4月 FPD、半導体装置メーカー様向け画像検査ソフトウェア販売開始。
平成19年4月 リチウム電池製造装置用画像処理システム販売開始。
平成20年4月 自社製品となる、簡易寸法測定ソフトウェア「EasyView」、自動寸法測定ソフト「EasyScope」、汎用映像信号方式オートフォーカスソフトウェア「EasyFocus」、生産管理用マトリックスデータコード認識ソフト「EasyMatrix」を」開発し、リリース。
平成22年4月 極東エリアの某政府機関より技術開発依頼を受け、国立研究機関との連携開始。
平成22年6月 バイオメトリクスを利用したセキュリティー製品メーカーより、技術支援要請がありスーパーバイザーとなり支援を開始。
平成23年4月 ガラスメーカの製造管理システムを開発、納入。
平成23年11月 バイオ、ライフサイエンス関連の技術開発に着手。
平成28年1月 デジタル投影機向け、高性能寸法測定ソフトウェア「EasyScope」の最新版をリリース。